カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

野々下一幸追悼展

野々下一幸追悼展

58歳で急逝された師・野々下一幸氏を悼んで、追悼展が催された

野々下一幸追悼展

期間・2004年10月1日〜4日

場所・福岡市中央区天神エルガーラホール・ギャラリー

追悼展の様子を掲載したフォトギャラリーはこちらです

以下、追悼文掲載

やすひろより、のんちゃんへ。

高見八州洋

        

「やすひろ君、今日はいい天気やね」             

こうきり出してきたときは

「釣り日和ですね」

そう答えると話はすぐに纏まって、急ぎの仕事も放り出して山女魚釣りに行った事をよく思い出します。そうして時間が足りなくなると周りの人には、

「俺たちは忙しいんじゃ」

そう言いながら二人して徹夜して籠仕上げたこと、ありましたね。

のんちゃん三十二歳、僕二十一歳。最初の言葉は

「俺を先生と呼ぶな」

でしたね。僕はなんて呼んでいいか分からず、おいさんとかのんちゃんとかいろいろ呼んだけど今日はのんちゃんと呼ばせてもらいます。

あの頃は元気一杯で自転車や車椅子で二人乗りをしてよく遊びました。でもある日突然

「竹細工は体が基本だ車椅子は体が弱る」

そういってやめましたね。

先日階段から落ちて肩を痛めたから杖もつけなくなったと電話があった時、杖がつけんなら車椅子じゃあないですかと喉まで出かかったけど言えませんでした。何日かして一杯やろうと誘われて飲んだ時、

「俺は今鋸の本を読んでいる」

と熱く語ったけど、僕はその時酔っていて内容は覚えていません。でも道具のことにかけてはのんちゃんが一番やね、と僕たち二人の師、宮崎さんと飲むとき何時も話していました。

切り出し小刀、竹切鋸、銅つき鋸、竹の皮を削る時の銑、台を漆で固めた砥石、でも僕は使い古しの切り出し小刀が、油をひかれた紙に巻いて保存しているのを見たとき、流石だな、そう思いました。

いつか作った墨壷。あの器用さは羨ましかったです。だから少し前、墨壷の本を手に要れたときこれを見せなきゃ。そう思っていたのに・・・・・・。

今は、賭けと人生という本を読んでいてその中に芸術の夢と賭博の幻にとり憑かれた男の話が出てきて面白かったのでこの話しをしようと思っていたのですけれど。                                   

最後に会ったとき、初めての山女魚釣りで大漁だった九重町の鳴子川に、久しぶりに出掛けませんかと誘ったけれど

「海に行きてえなあ」 

との返事で、話は纏まりませんでしたね。

もう、一緒に釣りは出来なくなりました。のんちゃんは彼岸で釣ってください。僕は此岸で釣ります。  

旅立つ前に釣り道具は渡したけれど、また何処かで飲みすぎて失くさないでください。もう、渡すことは出来ないのだから。

ああそれから、僕への最後のメッセージが、「俺の灰、さじ一パイを川に」ということだからそれはやっぱり鳴子川にします。 

二十六年間有り難うございました。口に出しては言えなかったけれど今の僕が有るのはのんちゃんのお陰だと思っています。

それにしても、近頃いい天気なんだけどな。

受け継いだ道具

由布院駅アートホール

由布院駅アートホール

由布院駅にて展覧会

竹細工を初めて30年という節目の年に

由布院駅アートホール

由布院駅アートホールフォトギャラリーはこちらです

「ゆふいん駅ホール」は待合室とアートギャラリーを兼ねた空間です。

電車を待つ間、誰かを待っている間、作品を鑑賞したり、本読んだりとのんびり過ごせる場所です。

何かのついでといわず、作品を見るために訪ねていただいてもいいんですよ。

もちろん入館料なんてものはいただきません。

だって待合室なんですから。

公式ページより

コメント掲載コメント

ご紹介

アートスペース繭

アートスペース繭 展示会

高見八州洋の竹工芸に、神像、仮面などを添えて

繭

期間・2009年2月23日〜28日

場所・東京都中央区京橋 ART SPACE繭

フォトギャラリーはこちらです

繭さんにはとてもお世話になっています。

何度も展示会をやらせて頂いてます。

兄・高見乾司と行った二人展も繭さんでやらせて頂きました。

二人展フォトギャラリーはこちらです

ゆふいん三世代物語

湯布院駅アートホール20周年記念企画

ゆふいん三世代物語

湯布院三世代

駅からつながるアートの散歩道

31のアートホール

竹聲館もその一つ

湯布院map

公式ホームページはこちら

作品 『空との間』 を展示

空との間

期間・2010年11月16日〜12月28日

場所・大分県由布市湯布院町川上1270-84    ギャラリー竹聲館

空との間フォトギャラリーはこちら

Ritsurin

高見八州洋、娘・佳乃

初の親子展となったRitsurinでの展示会

期間:2011/5/28〜6/4

会場:埼玉県本庄市小島南3-1-21 【Ritsurin】

フォトギャラリーはこちら

日本橋三越本店

日本橋三越本店 本館1階中央ホール

〜地球との共存〜

期間:2012/05/16〜22

会場:日本橋三越本店 本館1階 中央ホール

壮大な天女の像の御膝元、竹聲館の作品が展示されたフォトギャラリーはこちら

銀座三越

銀座三越 8階

夏のSOBAスタイル

日本の夏に涼しさを運ぶ蕎麦の食卓

期間:2012/07/18〜31

場所:銀座三越 8階

有田焼の猪口と共に、夏の食卓を彩るフォトギャラリーはこちら

帆足本家富春館

大野川ヒメと山彦と文人の集い
ー食と工房の市(いち)の復活・私たちの生活文化の本来を求めてー

その昔、戸次が大分の南の出入口として交通の要所だった頃、かつての文人墨客(田能村竹田・帆足杏雨など)が新たな文化を興し、川と海を結んで行き交いました。そして彼らを支えた帆足本家富春館は多くの自由人たちのサロンとなりました。
この度は、本来あるべき姿の「私たちの生活文化」を見直し、私たちの生活の根幹を支えている「生命」や「有機」「発酵・熟成」をテーマにしたものの数々を皆様にお届けします。現代の文人達=自然素材木・竹・草・土・絹・麻・もめん・石などを使いものづくりをするニッポン各地の優れたアーテイスト達を招き、直にもの作りの背景や思いなどお話します。肥沃な土地に恵まれた豊後大野川流域の食を通して交流し文化の足跡を残した文人たちの「理想郷」を探し出し、市(いち)の復活を再現します。


とき 2012年9月13日(木)〜17日(月・祝)10:00〜17:00
ところ 大分 帆足本家富春館 + 酒蔵

参加企画:富春館内作品展示販売

       「高見八州洋 竹のお話と名水でお煎茶を頂く」

富春館イベントのフォトギャラリーはこちら

酒蔵 高見八州洋作品と煎茶企画のフォトギャラリーはこちら

竹色竹聲

竹色竹聲

期間:2012/10/11〜20

場所:東京都中央区京橋3-7-10 アートスペース繭

家族全員が力を合わせた企画展、フォトギャラリーはこちらから

アートスペース繭 梅田さんからのご紹介文掲載


大分は竹の豊富な産地で昔から優れた竹職人、竹作家が生まれている。八州洋さんもまた、長い修業期間を経て、伝統を今に生かす仕事をコツコツと続けている。出来上がったばかりの新しい盆ざるの清々しさ、使い込んで味わいを増し、手放しがたくなった籠、年の始めには目にも鮮やかな青竹の箸 、竹はいろいろな表情で日本人の美意識に真直ぐに響いてくる。

使い続けて手の一部になったような短い刀一本で、竹を割り、細かく裂き、一本一本丁寧に面取りをし・・・と見惚れるような流麗な作業に、何十年使ってもゆるみのこない八州洋さんの仕事の原点を見る思いがした。

灯りや竹籠の数々に加えて、長女・佳乃さんの若い感覚の布仕事、皮仕事ともコラボした久しぶりの個展です。お出かけください。


クラフトの店 梅屋

クラフトの店 梅屋

高見八州洋・佳乃 親子作品展

内容 竹聲館作品に加え、新作のカゴ、Craftyのカゴバッグ 展示販売 

日時 2013年7月13日-7月28日 

時間 11:00-18:00

会場 811-1132 福岡市早良区石釜870-1 【クラフトの店 梅屋】

連絡 092-872-8590

ワークショップ 竹のバングル製作体験 開催

会場の様子

新宿伊勢丹

伊勢丹新宿店

日時 2013年8月21日-8月26日 

時間 10:30-20:00

会場 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 【伊勢丹本店 本館5階bel ecrin 】

会場の様子

ギャルリ夏至

ギャルリ夏至

2014.03.13〜24

阪急うめだ本店

阪急うめだ本店 1階

2014年 6月4日〜10日

会場の様子

スピカ

SPICA

2014年10月4日〜18日

会場の様子